山形市馬見ヶ崎の歯医者なら、かつき歯科クリニック

電話予約

コラム

コラム COLUMN

インプラントはこんな人におすすめ

皆さんこんにちは。

かつき歯科クリニックです。

 

虫歯や歯周病を重症化させると、最後には歯そのものを失うこととなります。

 

そうして生じた歯列内の欠損は、何らかの方法で補う必要があります。

 

ブリッジや入れ歯がその代表ですね。

 

では、インプラントはどういった場合に選択すべきなのでしょうか?

 

今回はそんなインプラントがおすすめなケースについてわかりやすく解説します。

 

本物の歯と同じように噛みたい

入れ歯やブリッジを装着した人ならおわかりいただけますが、一般的な補綴装置というのは、やはり本物の歯とは噛み心地が異なります。

 

あくまで欠損部に人工歯を乗せているだけなので、噛み心地に違和感が生じてしまいます。

 

一方、インプラントは人工歯根を顎の骨に埋め込み、それを土台として人工歯を装着します。

 

これは天然の歯とほぼ同じ構造ですね。

 

そのため、噛み心地も本物の歯とほぼ同じように再現することが可能なのです。

 

自然な仕上がりにしたい

入れ歯にはさまざまなパーツが付属しています。

 

例えば、「クラスプ」と呼ばれる留め具は、金属で作られており、とても目立ちやすいのですが、入れ歯を固定する上で不可欠です。

 

また、お口の粘膜に接触させる「義歯床(ぎししょう)」は歯茎と同じ色をしてはいるものの、異物感は非常に大きくなります。

 

インプラントにはそういった余計なパーツが一切存在していないので、自然な形で歯列内に調和させることが可能です。

 

お口全体の健康を維持したい

インプラントならしっかり噛めて、顎の骨が痩せていきません。

 

また、周囲の歯を犠牲にしたり、大きな負担をかけたりしないので、お口全体の健康維持・増進に寄与してくれますよ。

 

それ以上自分の歯を失いたくない、お口の健康を維持したいとお考えの方には、インプラントがおすすめといえます。

 

まとめ

このように、インプラントなら見た目や噛み心地などを本物の歯に近い形で再現できますので、失った歯をできるだけ元通りにしたい方にはおすすめの治療法といえます。

 

もちろん、外科手術が必要であることと、保険が適用されないというデメリットもありますので、治療選択は慎重に行うことが大切です。