山形市馬見ヶ崎の歯医者なら、かつき歯科クリニック

電話予約

金属アレルギー

金属アレルギー metal allergy

掌蹠膿疱症や、なかなか治らない慢性的な皮膚炎でお悩みではありませんか

掌蹠膿疱症と診断された
皮膚炎・湿疹がなかなか治らない
金属アレルギーがある

掌蹠膿疱症とは?

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)とは、小さな水膨れ(膿疱)が繰り返しできる皮膚疾患です。
手の平や足の裏にできることが多く、かゆみや痛み、皮むけなどの症状が出ます。
感染することはありませんが、治りにくいために長年悩まされる方の多い病気です。
喫煙・扁桃炎・ストレスなど原因はさまざまで、お口に原因が潜んでいることも少なくありません。
それが「歯性感染症」と「金属アレルギー」です。

歯性感染症とは?

むし歯、歯周病、根尖病変、上顎洞炎(副鼻腔炎)、下顎骨骨髄炎
これらのお口まわりの感染症が、掌蹠膿疱症にも関与していると考えられています。

金属アレルギーとは

金属から溶出した金属イオンが体内のたんぱく質と結合し、新たなたんぱく質に変性します。身体がそれを「異物」とみなすことによって、アレルギー反応が生じます。具体的には、金属製のアクセサリーや指輪などをつけると、その周辺にかぶれなどの症状が現れたり、痒みや痛みの症状を生じたりします。

金属アレルギーには、金属が直接肌に触れた部位に起こる「接触皮膚炎」と、金属の成分が粘膜や消化器官を経由して全身に起こる「全身性金属皮膚炎」の2種類があります。掌蹠膿疱症は後者に含まれ、歯科治療で使用された銀歯などの金属が溶けだしたり、動物性脂肪や砂糖を多く含む食べ物を過剰に摂取した場合に発症することがあります。

金属アレルギー

金属アレルギーというと、アクセサリーなどで皮膚がかぶれる「接触皮膚炎」を思い浮かべる方が多いと思います。
このほか「全身性金属皮膚炎」というものもあり、掌蹠膿疱症はこちらに分類されます。
これは、保険診療の歯科治療で使われる金銀パラジウム(銀歯)や、金属製の義歯、矯正装置などの金属が溶け出したり、
ワイン・ナッツ・香辛料・チョコレートなど金属を含む食品を食べ過ぎたりして、
体内に金属が蓄積されることでアレルギー反応を起こすことです。

「金属に触れても大丈夫だから自分は金属アレルギーではない」と思っている方でも、
お口の中の金属が皮膚疾患を引き起こしているかもしれません。



これらの皮膚疾患は、歯科医院で改善できる可能性があります。

提携している
近隣の皮膚科との
相互連携



皮膚科と連携しながら、むし歯や歯周病をはじめ歯性感染症の治療・再発予防、お口の中の金属を除去したうえでのメタルフリー治療を行います。
歯科医師の立場で、患者さまのつらい皮膚疾患の改善に努めます。

掌蹠膿疱症の治療患者全体の約4割の方が歯科医院でむし歯・歯周病治療や歯科金属除去を行っております。

かつき歯科クリニックでは、掌蹠膿疱症を薬で抑えつつ付き合っていくのではなく、
「根本的な改善=完治」
をめざして次のことを行っています。

掌蹠膿疱症に精通している歯科医師による診療

提携している近隣の皮膚科と連携した治療

掌蹠膿疱症を引き起こしているお口まわりの炎症箇所を、歯科用CTでの3D映像で確認

丁寧なカウンセリングを行い、患者さまの食生活・ライフスタイルなども考慮

患者さまとよくご相談しながら、治療を進めていく

ほかの歯科疾患がみられなくても、掌蹠膿疱症でお悩みの方は当院で改善が可能かもしれません。

ご予約の上、ぜひご相談ください。

金属アレルギーの治療の流れ

ご来院・カウンセリング

問診票を記入していただき、気になっている症状やお困りごとなどをうかがいます。どんな些細なことでもお気軽にお話しください。

口腔内の診察・CT撮影などによる検査

お口の中にどれくらい金属が入っているか、金属の劣化は見られるか、お口の粘膜にもアレルギー症状が出ていないか、などを診察いたします。さらに、3D映像で撮影できる歯科用CTを用いて、お口まわりに歯性感染症が起きていないかなども丁寧に調べます。

提携している皮膚科のご紹介・診断

提携している皮膚科をご紹介しますので、診断を受けていただきますようお願いします。

※事前に金属アレルギーの診断を受けている方は、診断書をお持ちください。

再度来院・歯科治療スタート

皮膚科の診断結果をもとに、患者さまとご相談しながら治療計画を立案します。治療計画にご同意いただけましたら、治療をスタートします。金属アレルギーが確認できた方には、お口の中の金属をすべて除去して、代わりにメタルフリー治療を行います。歯性感染症の方は、口腔内細菌をしっかり減らして症状の改善をはかります。

メンテナンス

体内に蓄積された金属が排出されるには、3~4ヶ月ほどの時間がかかります。また、歯性感染症の根治には1~2年の時間がかかることがあります。皮膚疾患の経過観察を行いながら、治療個所のメンテナンスをしていきます。
私たちがしっかりサポートしますので、根気よく治していきましょう。

メタルフリー歯科治療
について

当院では、現在装着している金属製の詰め物や被せ物・入れ歯(義歯)・矯正装置などを取り外し、
金属を一切使わない歯科素材に替える「メタルフリー歯科治療」をご提供しています。
陶器でできたセラミックなどの素材ならば、金属アレルギーの心配がなく、むし歯にもなりにくいといったメリットもあります。


当院でメタルフリー治療の際に使用している素材

オールセラミック金属を使わない白い歯です。最も天然歯に近く、審美的に優れています。
ジルコニアセラミック系素材の一種です。「白い金属」と呼ばれるほど高い強度があるため、前歯だけでなく奥歯にも適応できます。
ジルコニアセラミックセラミックのなかでも、透明感があり変色しにくく、最も強い耐久性を持つ素材です。