山形市馬見ヶ崎の歯医者なら、かつき歯科クリニック

電話予約

インプラント

インプラント implant

自然な見た目で、
自分の歯と同じように
噛める歯

こんなご要望や症状がある方は、当院までご相談ください

自分の歯のような噛み心地を取り戻したい
義歯とはわからない見た目にしたい
残っている歯に負担をかけたくない
入れ歯や差し歯、ブリッジが合わない
他院でインプラント治療を断られた
他院でインプラント治療を受けたが、気になることがある
インプラントには興味があるが、
費用や手術の負担が心配

インプラントとは?

歯を失った箇所の顎の骨に人工歯根(インプラント体)を埋め込み、そこに人工歯を被せる治療法です。顎に固定するため、入れ歯やブリッジなどの治療方法に比べてしっかり噛むことができます。
自分の歯のような噛み心地を取り戻したい方、自然な見た目に仕上げたい方、まわりの健康な歯を削る治療「ブリッジ」を望まない方にもおすすめの治療法です。
ただし外科手術を伴うため、お身体の疾患がある場合はあらかじめお知らせください。

「1日で手術から
歯の装着まで行う」
即日インプラント

インプラント治療は通常、顎の骨に埋入した人工歯根(インプラント体)が骨に結合するのを待ってから人工歯を被せるため、3〜6ヶ月の治療期間を要します。

当院では、埋入手術の当日に歯の装着までを行う即日インプラントをご提供しております。即日インプラントであれば、当日から軽いお食事が可能で、翌日にはお仕事も含めて通常の生活をお過ごしいただけます。治療期間が大幅に短縮される分、患者さまの治療費・通院の負担も軽減されます。

即日インプラントは、院長が東京や埼玉の大手歯科医院で習得した術式で、国内でも施術できる歯科医師が非常に少ないため、全国から集まる患者さまの治療を行ってきました。非常に短い期間での治療が可能なので、遠方にお住まいで通院が難しい方、何度も治療に通う時間が取れないなどの理由でインプラントをあきらめていた方にもおすすめです。
1本の歯の欠損から全ての歯の欠損の方まで適用可能で、とくに多数歯欠損の方はインプラントの埋入本数が少なくて済む可能性があるため、患者さまの身体的、経済的な負担を軽減できます。ご興味のある方は、お気軽にご相談ください。

※全てのインプラント治療が即日インプラントではなく、通常のインプラント治療も行っております。著しく骨量が不足している方やお口の中の状態が悪い方などは、即日インプラントが適応とならない場合がございます。

オールオン4(All-on-4)
治療

「オールオン4(All-on-4)」とは、多くの歯を失ってしまった方や、現在総入れ歯をお使いの方のためのインプラント治療で、すべての人工歯(最大12本)を4~6本のインプラント体で支える治療法です。通常、すべての歯を失った方は片顎につき8~10本のインプラントを埋入しなければなりません。そうなると手術によるお身体への負担も大きく、治療費も高額になってしまいます。
この治療方法は、残っている歯の抜歯(必要な場合)、インプラント体の埋入手術、仮歯の装着までを1日で受けることができます。
残っている歯が少ない方、総入れ歯では噛めないとお困りの方、治療費や身体への負担が心配でインプラントをあきらめていた方に、おすすめの治療法です。

オールオン4(All-on-4)の
メリット・デメリット

メリット

• 通常の全顎インプラントよりも費用を抑えられる
• 通常の全顎インプラントよりも身体への負担が少ない
• 抜歯・埋入手術・仮歯の装着が1日でできる
• 手術した当日から軽い食事ができる
• 入れ歯のような金具もなく見た目が良い

デメリット

• 外科手術が必要になる
• 自由診療のため保険は適用外
• 定期的なメンテナンスが必要
• 非常に難しい治療のため、実施できるクリニックが少ない
• 治療が適応にならないケースもある

入れ歯・ブリッジ・
インプラントの比較

名称見た目噛みやすさ他の歯への負担
入れ歯

保険診療の部分入れ歯は、隣の歯に金具を引っかけるために目立ちやすくなります。自費診療であれば、金具のない入れ歯もあります。噛む力は天然歯の約3割といわれています。食事や会話中にズレる、歯ぐきや周りの歯をいためるといったトラブルが起こることがあります。
使っているうちに入れ歯がすり減ったり、お口の状態が変化したりするため、定期的に作り変える必要があります。
部分入れ歯は両隣の歯に金具をかけて支えるため、その負担によって残っている歯の寿命が短くなる傾向があります。
ブリッジ
保険診療のブリッジは、金属の歯科素材を使うために目立ちやすくなります。自費診療であれば、自然な見た目に仕上げることもできます。噛む力は天然歯の約6割といわれています。ただし、ブリッジを支えている歯に負担がかかるため、その歯が弱ってくれば噛む力も比例して弱まります。ブリッジは、両隣の歯を大きく削って土台を作る必要があります。そのため、健康な歯を削ることと、負荷をかけ続けることにより、残っている歯の寿命が短くなる傾向があります。
インプラント
上部構造としてセラミックやジルコニアなど白く美しい人工歯を被せることができ、審美性に優れています。また、インプラントが刺激を与え、顎の骨がやせて老け顔になるのを防げます。天然歯とほぼ同じ力でしっかりと噛むことができます。
ただし、歯を失っていた期間が長い場合、慣れるのに時間がかかることがあります。
顎の骨に固定されて自立しているため、まわりの歯に影響を与えることがありません。

インプラント治療の
メリット・デメリット

メリット

● 天然歯とほぼ同じ噛み心地や噛む力を再現できる
● 残っているまわりの歯にダメージを与えない
● 自分の歯と同じようにケアができる
● 適切なメンテナンスを行えば、半永久的に使用できる
● 義歯とはわからない自然な見た目
● セラミックやジルコニアなどの素材なら、まわりの天然歯にもなじむ

デメリット

•自由診療のため、治療費が高額になる
•外科手術に伴う身体的負担がある
•一般的に治療期間が長くかかる
•持病のある方、顎の骨量が極端に少ない方など、適用できないと診断される場合がある
•適切なメンテナンスが必要になる

「顎の骨量が少ないなど難症例の方も、あきらめないでください」

インプラント治療では、顎の骨に埋入する人工歯根(インプラント体)を支えられるだけの顎の骨の厚みが必要です。
当院では、骨量が不足している方にも治療を受けていただけるように、骨を再生する「骨造成法」の技術をご提供しています。
他院で「インプラントはできない」と言われてしまった方も、一度当院までご相談ください。

骨造成法について

当院では、顎の骨量が不足しているために、インプラント治療が難しいと診断された方にも骨を再生する骨造成法をご提供しています。
わずかに欠損している骨を再生させる「GBR法」、インプラントを埋入する穴から骨を移植する「ソケットリフト」、歯ぐきの側面に穴を開けてそこから骨を移植する「サイナスリフト」など、複数の骨造成法をご用意しています。
患者さまの骨の量や厚みに応じて、適切な骨造成法をご提案します。また、お身体への負担を考慮して、インプラントの埋入と同時に骨造成法を行う場合もあります。
他医院で治療を断られてしまった方も、あきらめずに当院へご相談ください。

インプラントメーカー
について

ストローマン社製とノーベルバイオケア社製のインプラントを使用しています。

ストローマン社とノーベルバイオケア社は、合わせて世界の約80%のシェアを占め、
世界的に高い評価と信頼を得ている2大インプラントメーカーです。
40年以上にわたって世界中で何百万人もの人々が使用し、治療してから長期間経過した際の安全性も実証されております。

当院の院長は、どちらのインプラントメーカーからもインプラント認定医として認められています。

メンテナンス(定期検診)が大切な理由

インプラントは義歯のなかでも耐久性に優れていますが、それは適切なメンテナンスがあってのことです。治療後も、必ず歯科医院で定期的なメンテナンスを受けるようにしましょう。

インプラント歯周炎

せっかく入れたインプラントが、抜けてしまうことがあります。その最大の原因が「インプラント歯周炎」です。
歯周病と同様に、人工歯と歯ぐきの間に歯垢が溜まると細菌によって歯周組織が破壊され、やがてインプラントを支えられなくなってしまいます。
しかも、構造的にインプラントは天然歯よりも細菌が入り込みやすい傾向があり、天然歯以上に丁寧な歯みがきと歯科医師によるメンテナンスが欠かせません。

その他の不具合

使っているうちに、人工歯の割れ・欠けやアバットメント(人工歯を支える接合部分)の破損などが起きることがあります。また、全体の噛み合わせのバランスが変化して、インプラントに過度な負荷がかかってしまうケースもあります。
放置すると治療が困難になってしまう場合もあるため、定期検診でしっかりメンテナンスしていきましょう。

10年間の保証を
お約束しています

当院で埋入されたインプラントには、すべて10年間の保証期間を設けております。(上部構造は5年間となります)
保証期間内であれば、破損や不具合などがあった場合、無料で交換などの対応をさせていただきます。
治療技術と使用しているインプラントの品質に自信があるからこそ、このような保証をお約束しています。
ただし、歯科医師が必要と判断するメンテナンスを受診されなかった場合や、
患者さまの不注意による破損、通常の使用ではない無理な使用による破損、事故による破損などの場合、
保証による再治療が適用にならない場合があります。