山形市馬見ヶ崎の歯医者なら、かつき歯科クリニック

電話予約

コラム

コラム COLUMN

インプラントにおけるメンテンナンスの重要性

皆さんこんにちは。

かつき歯科クリニックです。

 

インプラントは、治療に半年程度の期間を要します。

 

また、「インプラントオペ」と呼ばれる外科手術を伴うことから、治療が終わると気が抜けてしまう人も少なくありません。

 

けれども、インプラントは治療後も気を抜かずにしっかりとメンテナンスしていくことが大切なのです。

 

今回はそんなインプラント治療におけるメンテナンスの重要性をわかりやすく解説します。

 

インプラントは歯周病に要注意

インプラントは、むし歯にかかるリスクがゼロです。

 

なぜなら、歯冠から歯根までがすべて人工物なので、むし歯菌に感染することがないからです。

 

その一方で、歯周病にはかかりやすくなっています

 

「インプラント周囲炎」という特別な病気の名前が存在するように、天然の歯よりも歯周病リスクが高いことに注意しましょう。

 

インプラントを清潔に保つ

インプラント周囲炎が悪化すると、顎の骨が溶け出し、せっかく埋め込んだインプラント体が抜け落ちてしまいます。

 

そんな最悪の事態を防ぐためには、日々のケアをしっかり行うことが大切です。

 

インプラントは天然歯よりも汚れがたまりやすくなっています。

 

それだけに、ブラッシングの方法にもある程度のコツが必要ですので、その点はプロの指導を仰ぐことが大切です。

 

また、インプラントのメンテナンスで受診すると、プロフェッショナルによるインプラントのクリーニングも受けられますので、普段のケアでは落とせない汚れも一掃できます。

 

インプラントの不具合を調節する

インプラントは、ネジなどのパーツによって連結されていることが多いです。

 

そうしたパーツが緩んだり、破損したりすると人工歯やインプラントに過剰な負担がかかり、さまざまなトラブルを引き起こします。

 

そうしたインプラントの不具合もメンテナンスで調節することができます。

 

まとめ

このように、インプラントはメンテナンスを継続していくことで、その寿命をも延ばすことができます。

 

セルフケアとプロケアを両立して、インプラントを一生涯使い続けられるよう頑張りましょう。