山形市馬見ヶ崎の歯医者なら、かつき歯科クリニック

電話予約

コラム

コラム COLUMN

インビザラインで治せる歯並び

皆さんこんにちは。

かつき歯科クリニックです。

 

マウスピース型矯正であるインビザラインは、いろいろな歯並びを治すことができます。

 

その適応範囲は徐々に広がっており、ワイヤー矯正でなければ治せなかった症例に適応されることもあります。

 

ただし、決して万能ではないので、当然、インビザラインでは治すことが難しいケースもあります。

 

骨格的な異常は治療が難しい

例えば、骨格的な異常を伴う歯並びの乱れは、インビザラインのみで治療するのは困難です。

 

顎の骨を切除して上下のバランスを整える外科矯正が必要となります。

 

ただ、外科矯正のみで治せる症例も少なく、手術の前後でワイヤー矯正やマウスピース型矯正を実施することもあります。

 

抜歯を伴うケースについて

次に、抜歯が必要となるケースですが、ひと昔前であれば、ワイヤー矯正が必須となっていました。

 

ワイヤー矯正は、強い力をかけやすく、大きな歯の移動を伴う症例にも適応できるからです。

 

一方、比較的弱い力で少しずつ、確実に歯を移動していくインビザラインは、抜歯症例に不向きだったといえます。

 

そうした点は、インビザラインの技術進歩によって改善された部分もあり、抜歯を必要とする症例であっても治療可能となることもあります。

 

ですから、歯並びの乱れが気になる方は、まずお気軽に当院までご相談ください。

 

マウスピース型矯正装置のインビザラインを始めとして、最善といえる矯正法をご提案します。

 

まとめ

マウスピース型矯正の代表であるインビザラインは、幅広い症例に適応することが可能です。

 

ケースによっては、ワイヤー矯正や外科矯正と組み合わせた方が良いこともありますので、まずは歯並びの状態を拝見させてください。

 

カウンセリングおよび、精密検査を行った上で、インビザライン治療が適しているかどうかを診断いたします。